TOP > スポンサー広告 > どうしてこう言う事ができるんだろうか。TOP > ニュース > どうしてこう言う事ができるんだろうか。

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてこう言う事ができるんだろうか。 2009.02.03

自宅トイレで男児出産、自室で刺殺 福島の女子高生逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090131/crm0901312106023-n1.htm
~MSN産経ニュース~

福島県警本宮署は31日、産んだばかりの男児を自宅で殺害したとして、殺人容疑で同県本宮市の高校2年の少女(17)を逮捕した。「自宅のトイレで産み、自分の部屋で殺した」と容疑を認めているという。
調べでは、少女は29日午後1時から3時ごろ、男児を出産した直後に、刃物のようなもので頭を刺すなどして殺害した疑い。

県警によると、少女は29日に登校後、具合が悪くなり昼ごろ早退。その後、病院へ行った際に「赤ん坊を産んで部屋に置いてある」と説明、家族が部屋のこたつの中に、布にくるまれた遺体を見つけた。
家族や学校関係者は少女の妊娠に気付かなかったといい、同署が詳しい動機を調べている。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

大変痛ましいニュースです。

まだ生活を親に頼りっきりの高校生。
中絶するにも言い出せずに出産に至ったのだと思う。
その理由も「お金がない」と言う事から始まるのは当然として、「親に叱られるから」というのもあったんだろう。
それから、「彼氏に言ってもフラれてしまったらどうしよう」と言う気持ちもあったかもしれないし、彼氏が「下ろしてくれ」と言ったのかもしれない。

福島と言う土地柄、遊びに行く所といえばジャスコとかだろうし、今時は中学生ともなれば自我も強く「盗んだバイクで走り出したくなる」年頃だ。
そんなメディアのチョイワル(笑)観に憧れた子供にとって、酒、タバコ、Sexなど、未だ大人の特権とも目に映る行為はやはり魅力的なのだろう。
何より大都市圏に比べて娯楽が少ない。でも偏った情報ははいってくる。

本来、Sexは「子作りの行為」であって「自己実現」や「愛情の確認」、「快楽の取得」が主たる目的ではない。
人間は高度に精神の発達した生き物だから、上のように別の目的を持って事に及ぶ事もあるのが人間たる所以なんだけどね。
身体を重ねることによって得られる精神的充足感は得がたいものがあるとは思う。そしてそれは、自我を持っていても社会的にはまだまだ未成熟で不安定な子供達には自己実現への安易な道に見えるのだろう。
厨二病と言う言葉に代表されるように、精神が社会に対しての適応が完全になされていない場合、恋に恋をして夢に夢を見がちだ。
現実を見ながら夢を持ち、それに向かって努力するならまだしも、厨二病の場合『自分望んだ未来がやってくるのは当然』と自覚なしで思い込んでいる場合が多く思う。

子供を作ると言う事は、社会的責任を果たすと言う義務を負うことだ。
自分に対して、生まれてきた子供に対して、これまで自分を育ててくれた両親に対して、そして自分を取り巻く全ての環境に対しての義務だ。
それは感謝の心なしには持つことの出来ないと思う。

この17歳の子は、自分の子供を認めることが出来なかったんだろう。
一人の人間として見るのではなく、自分に降って湧いたお荷物としか思えなかったんだろう。
悲しい事だ。本当に悲しい事だ。


妊娠しても本当に体型の変わらない人も居るので、周囲にはかろうじて気付かれずに済んでいたのかもしれない。
冒頭にも書いたけど、「フラれる」可能性を考えて言い出せなかったのかもしれないし、もしかしたら下ろすと言っておいて金銭面でgdgdするのが嫌でそのままにしていたのかもしれない。
それでも、生まれてきた命を、自分の子供を包丁で刺すとか良くできると思うわ。
自己保身の為に命を奪う事を何とも思わない人間が、若い世代に増えてきているのは、本当に由々しき事態。
自分の痛みには敏感で、人の痛みには頓着しない。まるで特別法則をもつあの国の人間のようだ。


本来子育てとは、両親たちだけでなく祖父母や親戚、ご近所さんも含めてやっていたはずだ。
そこには「お互い様」の社会があった。他所のうちの子を自分の子供と同じように接し、時にはしっかりと叱れる環境が間違いなくそこにはあった。
今は、近所の子を叱ろうものなら訴えられかねない世の中だ。
雷オジサン。これは今までもこれからも、絶対に必要な人材なのだと常々思っているんだけど、マンションじゃあ難しいんだよね。


先月生まれた甥は、妹夫婦とうちの両親が中心となって今もたっぷりと愛情を注がれている事だろう。
義弟の親御さんも週末のたびに来てくださっているようだし、本当に幸せものだと思う。
それは、昔ながらの当たり前がそこにあるからだ。
そんな家庭に生まれることの出来た自分も、ちゃんと感謝を忘れずにいたい。

しかし父上よ、案の定だけど服とか買いすぎてるみたいだし、溢れないように気をつけて欲しいよ息子としてはw
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。