TOP > スポンサー広告 > 北朝鮮貨物検査法TOP > 政治 > 北朝鮮貨物検査法

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮貨物検査法 2009.07.21

【北制裁】船舶検査法案成立は絶望的に 野党の審議拒否で国会空転へ
 民主党など野党が13日、麻生内閣の不信任決議案を衆院に、麻生太郎首相の問責決議案を参院に提出したことにより、国会は14日の両決議案の採決以降、空転する見通しとなった。麻生太郎首相が21日の週に衆院を解散することから、与党が14日の衆院本会議で可決して参院へ送付する北朝鮮関連船舶の貨物検査を可能にする特別措置法案の今国会成立は絶望的だ。

 自民、公明両党は13日の国対幹部の会合で、不信任決議案を14日午後の衆院本会議で否決することを確認した。自民党から不信任決議案に同調する造反議員は「ほとんどいないだろう」(与党幹部)とみられ、与党の多数で否決される。

 一方、野党が多数の参院では、14日午後の本会議で問責決議案が可決される。

 貨物検査特措法案は参院で審議入りしないまま、衆院解散により廃案となる見通しだが、与党側は野党が審議を拒否すれば「無責任だ」と批判する考えだ。

 政府が新規提出した69法案のうち7法案は審議が続いており、貨物検査特措法案のほか、「内閣人事局」設置を柱とした公務員制度改革関連法案も時間切れ廃案が確実だ。
~MSN産経ニュース~



手段を目的と違えた連中が、マスゴミの後押しで強気に出た結果がこれですね。
児童ポルノ法などの恣意的運用が懸念される法案が廃案になるのは望ましいですが、こういった国益を損なうような流れも困ります。
民主党を応援する人は、ちゃんと民主党のこういった姿勢に対しての見識を明らかにして欲しい。
ここで「いや、だって自民党のこれまでの政治が悪かったんだし」とか言うのであれば、似非革命家として認識させて頂きたい。
選挙に必要なのはこれまでの実績や所属議員の主義主張などだが、法案成立にまで政党だなんだでゴチャゴチャ言っている人は、もはや正気を疑われても仕方ないと思う。
政党の良し悪しではない。法案の良し悪しを見るべきだ。
そしてその視点で見れば、北朝鮮貨物検査法を廃案にするのは国益損失と言って差し支えないだろう。
キャスティングの善悪二極でしかものを見れない狭い視野の人は、もちついて欲しいものだ。


政治不在の中でほくそ笑む官僚たち

  おどろくべき政治不在だ。すべての法案審議が停止している。

  あれほど日本が国連安保理で騒いで成立させた対北朝鮮制裁決議。それなのに、その根幹をなす北朝鮮貨物検査法さえも廃案するほどの混乱ぶりだ。

  しかし、その政治の混乱をよそに官僚支配は確実に進められている。

 
 7月12日の読売新聞に、今年の夏に各省庁の事務次官人事が殺到している、という記事があった。

 民主党が政権を取る前に、思い通りの人事をしておきたいと駆け込み人事を急いでいるからだという。

 これはこの国の官僚支配を見事に象徴している記事だ。 駆け込み人事が可能なのは、ひとえに官僚の人事がすべて官僚に任されているからだ。

 政治主導などという言葉とは裏腹に、政治家たちは各省の人事に口をはさむ余地も、能力も、実行力もない。

 官僚の人事は官僚たちが、自分たちの都合のいいように仲間内で決めているのだ。 もちろん、天下り人事もそのひとつにすぎない。

 この、「官僚人事の官僚による独占」の好例が、小泉元首相の下で5年以上も秘書官を務めた丹呉泰健氏が7月14日付で財務省の事務次官に就任した事だ。

 小泉構造改革旗振り役であった財務官僚が、当然のように財務次官に昇格している。 おまけにその丹呉新財務省次官は、就任に際して、「安定財源として消費税の引き上げは必要」(7月15日東京新聞、この人)、と言い放っている。

 消費税引き上げは、国民生活に多大の影響を与える究極の政治課題だ。だからこそ時の政権さえも容易に踏み切れないでいる。 その消費税引き上げを、いとも簡単に「準備を進める」(7月15日読売新聞)、と公言する官僚。

 極めつけは、外務官僚が推し進める日米安保宣言の作成である。18日からカート・キャンベル米国務次官補らと外務官僚の間で事務レベル協議が始まっている。

  そこでは来年の日米安保締結50周年に合わせ、あらたな日米安保共同宣言づくりが話合われるという(7月18日読売)。

 これほど重要な話し合いはない。大げさに言えば今後ながきにわたって日米関係を規定する政治宣言である。日米関係の歴史的転換期である。

 日米安保条約に代わる新たな条約締結交渉である。国会審議を経て国民に説明責任を果たした上で合意されるべき国の基本政策づくりである。

 そのような重要な話し合いを、政権交代目前の今の時期に、なぜあわてて外務官僚が行う必要があるのか。なぜそれを民主党が許しているのか・・・


   この続きはメルマガで配信しています。
Copyright ©2005-2009 www.amakiblog.com
~「公式」天木直人のブログ~



こちらは小泉政権時代、イラク派遣に反対して外交官を追われたと言う天木さんのブログのエントリーです。
これまで自分が読んできた限りでは、打倒自民&官僚政治が天木さんの主張と思われます。
小泉憎しという点では私も意見を同じくしておりますw


上の記事の冒頭で、天木さんは「おどろくべき政治不在だ。すべての法案審議が停止している。」と書いている。そしてそれを引き起こしているのは彼が応援する民主党だ。

もう一度冒頭の記事をよく読んで欲しい。最後の部分だ。
それによると天木さんが大嫌いな官僚の天下りを規制するための内閣人事院の設置法案も見事に廃案になっているではないか。
官僚の権益保持に対する悪鬼のような執念に対しては自分も思うところ多いけど、まずは応援している政党が外交や批判している官僚制度への規制に関して想いに反した動きをしている点について、語って欲しいと思ってしまう。

外交官であった彼の外交に対する意識の高さは、一市民の自分から見れば本当に志が高く意見もすばらしいものと思えるのだけど、小泉憎し、自民憎し、官僚憎しでその他の視野が狭くなってしまっているように感じてしまうのが正直な所だ。
まあそれもまた人間の妙味。と言うことで無料のエントリーは覗かせて頂いてます。


外交に関して、本当にこれといった展望がない民主党ですが、連中が政権とって一体何をしてくれるのでしょうか?
どう考えても日本消滅的な展望しかイメージできないのはかなり問題です。
物理的に消すのであれば原爆数発で消滅させる事ができるでしょうが、今行われているのは精神的に消滅を図っている手法。それは一瞬で変わるものではなく、気付いた時には時既にお寿司。癌に気付かず生活をしていた結果のようなものです。
その影響は今だけを楽しむ考え方を持っている人には実感として湧くことは無いでしょう。
この国が好きで、自分の子孫たちのことまでちゃんと考えられる人だけが感じる危機です。


小さな事でも一歩から。
私たちに出来ることは小さいですが、その小ささも武器になるということを忘れてはいけませんね。



~新世紀のビックブラザーへblog~
集合知プロジェクトより

 7月16日深夜にVol2のコメント数がYahoo!側コメントが200を越えたようですので、Vol3を立てます。さすがにいい加減に経済物を書きたいので、本日は二回更新です。(二回目は夜に)
 過去エントリーは、以下の通りです。
■Yahoo!版 【集合知プロジェクト】日本が大好き!(Vol.1)
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/29795681.html
■Ameba版 【集合知プロジェクト】日本が大好き!(Vol.1) 
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10299546192.html
■Yahoo!版 【集合知プロジェクト】日本が大好き!(Vol.2)
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/29850035.html
■Ameba版 【集合知プロジェクト】日本が大好き!(Vol.2) 
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10300881601.html

 本プロジェクトは以下を目的としております。
■チラシ・ツール保管所へのリンク
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/contents_top.html#Chirashi
■自民党及び民主党のマニフェストに関する議論の場(※コメント欄にて)
■各人"オセロゲーム"の状況共有の場(※コメント欄にて)
■チラシ・ツールなどに関する情報共有の場(※コメント欄にて)
■その他 総選挙に関するあらゆることに関する議論の場(※コメント欄にて)

 Vol.1、Vol.2同様に、配布用チラシ、その他有用なドキュメントやツールを募集しております。
 ドキュメントの送付方法は、URLをコメント欄に書き込んで頂くか、もしくは↑一番上の「三橋貴明診断士事務所」のホームページの右上にあるメールアドレスまで直接ご送付ください。

【他ビラ置き場は以下】
 ※動画版★解散総選挙(衆院選)2009候補者ガイド
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/657.html
 ※告知ビラ作成所 http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/218.html
 ※民主主義と世論をマスコミから国民の手に取り戻そう 手作りチラシ集積サイト
http://chirashihokanko.web.fc2.com/
 ※置きビラの掲示板 http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsjb.cgi

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。