TOP > スポンサー広告 > エコカーの未来TOP > 政治 > エコカーの未来

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコカーの未来 2009.07.23

無理なCo2削減とか言う変なモノを押し付けられて虐げられてきた日本が、気付いたら独占状態のハイブリッド技術。
エコカー減税による買い替え需要もあってトヨタとホンダはウハウハだなんだけど、思わぬトラップが…。

トヨタ「プリウス」への注文殺到で補助金期限内に新車登録が間に合わない可能性も
7月23日12時47分配信 フジテレビ

6月の車種別新車販売台数ランキングは、トヨタの新型「プリウス」が売り上げで国内首位となっている。ところが、あまりに注文が殺到しているため、ある問題が起きている。
プリウスなど環境に優しい車の購入者には、補助金が支給される制度が、現在実施されている。
ところが、注文が殺到し生産が追いつかない状況になっているため、今、プリウスを注文しても、実際に新車登録ができるのは、2010年4月以降となり、補助金が受けられる期限の2010年3月末までに間に合わず、最大で25万円の補助金が受け取れない可能性があるという。
このためトヨタは、海外向けの生産を、一部国内に振り向けることを検討しているという。
一方、経済産業省は「自動車業界内の議論の行方を見守りたい」などとしている。

最終更新:7月23日12時47分




麻生政権が続いていたらこの政策は続くだろうけど、反対していた民主の方々はどう思ってるんでしょう?
ダブスタで美味しい餌だけつるすなら、当然維持するはずだよね?
国債を刷らずに無駄遣いを排除して出してくると言う財源、果たしてどこまでもつかな?^^

もしこの減税止めたら非難轟々は確定だろうなぁ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。