TOP > スポンサー広告 > 眞鍋、ポスター問題その後…TOP > 政治 > 眞鍋、ポスター問題その後…

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眞鍋、ポスター問題その後… 2009.08.04

眞鍋かをり写真使用は無断じゃなかった

8月1日9時23分配信 デイリースポーツ
 タレント・眞鍋かをり(28)が、衆院選静岡7区から無所属での立候補を表明している城内実氏(44)の選挙ポスターに自身の写真を使用された件で、眞鍋の所属事務所が、事前に使用を了解していたことが31日、わかった。双方の仲介役を務めた制作会社の関係者が明かしたもの。事情を知らなかったのか眞鍋は自身のブログで「その方とはまったく関係ない。困惑している。なぜこのように使われたのか」とコメント。大きな騒動となっていた。またこの日、城内氏サイドは問題のポスターを撤去し、騒動の沈静化を図った。
  ◇  ◇
 衆院選直前に起こった“ポスター騒動”のドタバタ。何と眞鍋の所属事務所が、城内氏の後援会に対し、事前に使用の承諾をしていた。
 双方の事務所の仲介役を務めた制作会社の代表A氏が、報道各社に騒動の経緯を説明したFAXを送付。それによると、昨年夏に城内氏が眞鍋とホームページ用の対談を行ったことが縁で、今年6月に城内氏の後援会とA氏の間で眞鍋の写真を使用したポスターの作成案が浮上した。A氏が城内氏側と眞鍋の所属事務所幹部B氏の仲介役となり、眞鍋の写真と、その使用許可を得たという。
 だが、何も事情を知らなかったのか、眞鍋は29日付のブログで「政治に関して特定の人物を応援することはありえない」などと自身の写真掲載について激怒。城内氏側も「許可はいただいている」と反論。ポスターを回収する考えはないとしていた。
 騒動はさらに飛び火。選挙前に特定の政党や候補者を支持する者の出演は放送倫理にかかわる問題だけに、フジテレビは所属事務所と話し合い、眞鍋がコメンテーターとして出演する30日の情報番組「とくダネ!」の出演を見合わせた。同局は今後について「週明けに決まる」とコメント。出演は未定だ。
 結局、城内氏側は、眞鍋の芸能活動へ支障を与えるのは本意ではないと、31日、問題のポスター約700枚を撤去した。HP上に掲載していた眞鍋との対談動画も削除。事態の沈静化を図った。
 デイリースポーツ紙の取材に眞鍋の事務所は「担当者がいないので答えられない」と話すのみ。また仲介役のA氏は、騒動の非は自分にあるとして「私からの説明不足により眞鍋かをりさん側に正確な意図が伝わらず、今回このような事態を招いてしまいました」と説明し謝罪した。
~Yahooニュース~


城内さんの選挙ポスター問題、どうも泥沼化しているみたいです。

仲介をしたというところから、許可は取っていたと言う話が出ていた上に、城内さんが件のポスターを撤去したことから事態は沈静化かと思いましたが、話を長引かせたいナニかがいるようです。


2009年8月1日

マスコミ各位

眞鍋かをりのポスター掲載許可に関して

7 月 31 日付で株式会社オフィスプロペラ側がマスコミ各位に送達した文章について、当社として 2 点ご説明申し上げます。



(1) 「掲載許可とその写真を入手」とオフィスプロペラ側が主張されていますが、当社はオフィスプロペラ側に対して、ポスターおよびインターネット上での眞鍋かをりの掲載許可は一切しておりません。

(2) 眞鍋かをりの「写真を入手し」に関しては、オフィスプロペラとの通常のイベント業務による写真入手であり、ポスター使用のために写真を貸与したわけではありません。

 以上、所属事務所としては、今回の城内みのる氏の一件に関して、オフィスプロペラ側の、写真無断使用により多大な迷惑をこうむったことを報告させていただきます。

株式会社 アヴィラ 代表取締役 原 徹

http://www.avilla.jp/pc.html




つまるところ、仲介人Aさんが悪かったと言う結論ですね。
当選まで禁酒すると言っている城内さんですのでお酒の席で、とも思えないのですが、一体どんな経緯があったのでしょうね?

今回の件は、城内さん、眞鍋さんともに被害者のようですが、プロダクションが今後どのような姿勢をとるかによってそのダメージ度合いが変わってくる事でしょう。
選挙区の方々や後援されている方々は、彼がどのような人柄でどんな政治信念をもって取り組んでいるか良くご存知だと思いますので、実際の選挙情勢には大きな問題をあまり感じませんが、今後のことを考えるとちょっと辛いネタが出来てしまったと思います。
あくまでも揶揄される時のネタですけど。

どちらが正しいか、ではなく仲介人が問題だった訳ですが、白か黒かを双方だけに求める単純な判定をすると、こんな結果を呼ぶんでしょう。
でも、正直一番まずかったのは事務所を通して城内さん事務所に抗議をしなかった眞鍋さんだと思います。
プライドがあるのはもちろん理解できますが、相手の立場を考えずにブログに書いてしまった。ここに社会に対しての甘さが出ているのではないでしょうか。
ま、石田純一との云々も番組内でぶっちゃけてしまうような気性の持ち主ですから、しょうがないと言えばしょうがないのでしょうけどねぇ。。。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。