TOP > スポンサー広告 > 2009夏、選挙の思い出TOP > ニュース > 2009夏、選挙の思い出

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009夏、選挙の思い出 2009.08.31

最後の一文、いらねぇだろw
773 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 15:54:57 ID:br4mQGeF0
政権交代後の覚悟について尋ねられ「国民を裏切ることはないと断言したい」と鳩山氏。
立ち去った後の広場には

「ハトにエサを与えないで下さい ハトのフンで迷惑しています」の看板が立っていた。

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090830-OHT1T00033.htm魚拓

~あやしぃ(*゜ー゜)NEWS2nd~



麻生首相VS鳩山代表 池袋でラスト直接対決

 選挙戦最終日となった29日、麻生太郎首相(68)=自民党総裁=と民主党の鳩山由紀夫代表(62)の直接対決が首都東京で実現した。両党首は、豊島区の池袋駅前で「最後のお願い」。真夏の12日間の戦いの幕を下ろした。

 夜空に空撮のヘリ7機が飛び交う中、麻生首相は同駅東口に登場。「政策を見比べた上で我々に引き続き、政権を与えてください」と約6000人(警察発表)の聴衆に訴えた。

 昨年9月の総裁選で戦って以来、距離を置いてきた小池百合子元防衛相と壇上に立ち笑顔で握手。この“大人の対応”に聴衆の一部からどよめきも起きた。演説では、おなじみの民主党批判。「小沢一郎さんという人は国連中心主義と言っていたが、やっていることが違う。安全保障は民主党に任せられない」と持論を展開した。


 一方で直線距離にして約290メートル離れた西口公園前。鳩山代表は約5000人(同)を前に街宣車の上でガッツポーズを繰り返し、「どうやら池袋決戦になったようであります」と挑発的にぶち上げた。「大政党の自民党が民主党に、ネガティブキャンペーンばかり行った選挙戦だった」と皮肉で応酬。タイムリミットである午後8時の15秒前まで声をからした。

 演説後は「勝利に関して確信的なことを申し上げるべきでない」と慎重に繰り返したが、「感慨無量のものがある。(自民党を飛び出して)16年は長いようであり、短いようでもあった」と感慨深げ。

 政権交代後の覚悟について尋ねられ「国民を裏切ることはないと断言したい」と鳩山氏。立ち去った後の広場には「ハトにエサを与えないで下さい ハトのフンで迷惑しています」の看板が立っていた。



本当に書いてあったwwww
スポーツ報知、侮れずwwwwww
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。