TOP > スポンサー広告 > オイ!市橋!!TOP > 恣意的報道 > オイ!市橋!!

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オイ!市橋!! 2009.11.30

市橋容疑者が3食とも完食
2009年11月26日11時16分

 市川市のマンションで2007年3月、ベランダの浴槽から英国人の語学講師、リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)が25日、移送先の拘置施設での食事を3食とも完食したことが捜査関係者への取材で分かった。懸念された体調の悪化は見られないという。

 捜査本部によると、24日午後に市橋容疑者の健康状態に配慮し、千葉刑務所内の拘置施設へ移送した。市橋容疑者は、逮捕後にお茶や水を飲むだけの絶食を2週間続けていたが、行徳署で同日の昼に初めて弁当を食べて残さなかった。

 捜査関係者によると、市橋容疑者は拘置施設でも事件については依然、黙秘しているという。
~千葉日報~




最近、やっと報道が収まってきましたね。市橋報道。

もうだいぶ前になる気がしますが、一ヶ月くらい前でしたっけ?フジの特ダネで、「独占!市橋容疑者の母親が語りかける!」とか言って番組でやってました。
「特ダネさんのお時間を貰って~」とか言ってましたが、その時から違和感が酷かったですね。

その後、あまり時をおかずに確保されましたが、すぐにモザイクかかった状態ですが記者の質問に両親が応えていたのはちょっとテレビを見ているだけの人でも一回は見かけたのではないでしょうか。
テレビ脳だと気付かないのかもしれませんが、これも普通の人間の感覚としてはおかしいと感じないのかと疑問に思います。
だって、殺人して逃走した挙句、長年逃げ回ってたんですよ?
お金のかかる整形までして警察の目を逃れていたわけです。それだけ罪を償う気持ちが無かったわけですが、そんな息子を親として恥ずかしくなかったのでしょうか?
自分なら世間様に顔向けできなくて絶対に取材には応じませんね。
なんとか反応してFAXとかだと思います。

ちなみに、親は取材に対して「申し訳ない」と言う事のほかに「それでも息子はかわいい」と言っていましたね。これもまたおかしいです。
確かに親にとっては子供は可愛いものでしょう。
しかし、世間様に顔向けできない事をしておいて早速擁護に走りますか?天下のテレビ(笑)の前で。

テレビメディアに対して、既に「朝鮮支配下のメディア」と思っているからこそこんな事を思うのでしょうが、あの報道は間違いなく意図的に作られたものでしょう。
フジで音声出していたのは、古い刑事モノとかにある「犯人に対して説得する母親」と言う安いドラマ仕立て。
その後のテレビへのモザイク取材対応では「それでも子を思う優しい両親」と言う印象操作。
さらに、翌日だかには「2ちゃんねるに自分達の事も書いてあるらしい。怖い」と言うコメントも出してネットへのネガティブキャンペーンも忘れていませんでしたね。
むしろ、そんな事までつぶさに知っているなんてさすがです。

そして、トドメはイッチーガールなる頓珍漢な集団の出現。
mixiでコミュが出来ただの、ファンクラブがどうだの「ネットではネットでは」と煽っていました。
鬼女板でも基地が発生していたり、それに影響されたゴシップスキーな奥さまが序盤の拒食をまねして大変な事になったりだとかしていたようで。

この一過性崇拝ブームは、工作員が動いていただろうと言うのが自分の見解です。
無駄に絶食のニュースが流れていましたが、どう考えてもセンセーショナルさで大衆の目を誤魔化せるものが無かったから取り上げていただけでしょう。
それに、そうやって「可哀相だ」とか「支持されている」と言うイメージをつけることで全体的な心象を「犯人」から別のものに摩り替えると言う狙いもあるのではないでしょうか。
ネットゲリラさんでもちょっと触れていましたが、自分は市橋容疑者はそういうルートの人間なんだと思います。
そうでないと、逃げ出した後にあれだけの距離を移動したりしながら整形をしたりなど出来ないでしょう。何より食事なども出来ないはずですから。


殺人犯(容疑者)から、一部崇拝対象へと消火されているこの件。
どうも気持ち悪いです。

彼はバットマンのようなダークヒーローではありません。
ただの犯罪者です。やっつけられる方の立場です。
崇め奉るのは勝手なので好きにすれば良いと思いますが、祭り上げている人、亡くなられたリンゼイさんへの冒涜となると言う事を分かっているのでしょうか?
ま、分かってないんだと思いますけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。