TOP > スポンサー広告 > 違法子供手当てTOP > 兄ぽっぽ > 違法子供手当て

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法子供手当て 2009.12.01

鳩山首相、「お母さん」ヤジの連打浴びダウン寸前
2009年12月01日08時06分 / 提供:スポーツ報知

 偽装献金問題に揺れる鳩山由紀夫首相(62)が、激しい“お母さん口撃”を受けた。30日の参院本会議で、母の安子さん(87)からの提供資金が偽装献金の原資に充てられたとの報道を巡り、自民党議員らからやじを飛ばされ続けた。質問に立った秋元司氏(38)からは「違法子ども手当」と例えられ、鳩山首相は次第に生気を失ってしまった。

 「お母さんにもらったお金はどうしたの」「お母さんのこと、どうなってんの」。議場に自民党議員らの「お母さんコール」がこだました。

 最もヒートアップしたのは、秋元氏の質問中だ。「貸付金でなく生前贈与ではないか。(母からの資金が)9億円なら、4億5000万円の贈与税が発生する」と秋元氏。「事業仕分けを行ったが、あなたが正直に申告していれば、4億5000万円の税収が得られた」と指摘し、「子ども手当を取り間違えていないか。今回の資金提供は(母から子への)違法子ども手当だ」と切り込んだ。

 鳩山首相は「ご迷惑、ご心配をおかけし、心から深くおわび申し上げる」としたが、「事実関係を把握していない」などと釈明。「検察による全容解明をふまえ、私自身が国民に説明すべき」と捜査終了後に記者会見する考えを表明した。一方で、立件対象が会計担当者だった元秘書らにとどまり、自身の刑事責任が問われなければ続投するとした。

 自民党のやじに、民主党サイドは森ゆうこ氏(53)らが「やじ飛ばすなら(午前の)採決に出なさい」などと反撃。しかし自民党側からは菅直人副総理(63)の答弁中、民主党の小沢一郎幹事長(67)も絡めたと思われる「脱税3兄弟!」の掛け声が。丸川珠代氏(38)も首相に対して身を乗り出し「そんなのは金持ちのおごりだ!」と叫んだ。

 質問を終えた秋元氏は「きちんと答えてくれなかった。やましいことがないなら党首討論にも応じるべき」と憤慨。鳩山首相は野党議員らから献金問題を問われるうち、声が小さくなっていった。普天間飛行場移設問題、円高・デフレ対策など、課題は山積している。
~livedoorニュース~




違法子供手当て

言いえて妙ですね。
日本語と言うのはこういった言葉遊びがしやすいのでとても好きです。

黒鳩首相も危ないのか?と思えるような記事ですが、時事通信ではこんな記事も。


献金者調査が煩雑」=元公設秘書が動機詳述-鳩山首相虚偽記載問題

 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」をめぐる偽装献金問題で、会計事務担当だった元公設秘書が東京地検特捜部の事情聴取に対し、「寄付が禁止された企業など、献金者に問題がないかの調査が煩雑だった」などと、詳しい動機を供述していることが30日、関係者の話で分かった。
 東京地検特捜部は、元公設秘書が個人的理由から独断で虚偽記載を始めた可能性が高いとみて、近く在宅起訴する方向で詰めの捜査を続けているもようだ。
 関係者によると、元秘書が偽装献金を始めたのは十数年前から。当時は政治家個人に対する企業・団体献金は禁止されていなかったが、国から補助金などを受け取っている企業や3年以上赤字が続く企業、外国人が主な構成員の企業などからの寄付は、政治資金規正法で禁止されていた。
 元秘書は事情聴取に対し、「献金を広く集めると、寄付が禁じられた企業や不祥事を起こした企業ではないか、個人の場合は、そうした企業の関係者ではないかなどを、少額の献金まですべてチェックしなければならず、非常に煩雑だった」と供述。「あえて献金を集めなくても、(鳩山氏や母親の)資金は十分にある」という思いから、偽装献金を始めたと説明しているという。
 収支報告書に、鳩山氏や母親からの貸付金などと記載しなかった理由は、「『金持ちが政治をやっている』と言われるのが嫌だった。広く個人から集めていると思われたかった」と話しているとされる。 
 「寄付者」として身元の分からない人を適当に選んで収支報告書に掲載した場合、問題のある人物が紛れ込む恐れがあるため、身元のしっかりした鳩山氏の知人や支援者らを選んだとみられる。(2009/11/30-22:49
~時事通信~



時事通信は民主擁護的な記事を出してくるので、今回もそういった流れかと思いますが、地検への応援が意味を成さなかったと言うのであれば凄く残念です。
民よりも権力を重視と言う事になってしまいますからね。

鳩山脱税&政治資金規正法違反のこの事件、もし鳩山が逮捕されなかった場合、「日本は犯罪者であっても首相(もしくは政治家)になれば不問になる」と言う最悪の前例が出来上がる事となります。
権力さえ手にしてしまえば、メディアさえ味方につけてしまえば、その条件を満たせばどうでも良いというのであれば、それは法治国家ではないです。
ただの独裁国家です。

そんな事になって貰っては困ります。
本当に困ります。

ですので、再掲。

緊急拡散:在宅起訴と逮捕の違い!

皆様、すでにご承知のことと存じますが。

鳩山首相の秘書が在宅起訴とのニュースが配信されました。

小生のブログは、現在、一日に一万アクセス位ありますので、 東京地検特捜部への応援・激励メールも一万位届いたのではと思っております。

「在宅起訴」と「逮捕」の違いは、雲泥の差があります。

それは、「在宅起訴」の場合、鳩山首相が開き直ってもマスコミが批判を抑制すれば、逃げられる可能性があります。

しかし、「逮捕」となると、マスコミのコントロールの如何にとらわれることなく、鳩山首相を辞任に追い込めるのです。

それには、前代未聞の応援・激励メールが、東京地検特捜部に舞い込むことで可能になりますので、インターネットユーザーの皆様、経済だけでも日本が崩壊する状況になって来ていますので、国家観に興味がない方にもお願いして、大量のメール(100万以上)が届けられると、「逮捕」に切り替わる可能性もありますので、宜しくお願いいたします。

東京地検メールフォーム https://www.kensatsu.go.jp/kensatsumail/feedback.php?id=006

【ネットだけ転載フリー】ジャーナリスト・水間政憲  http://mizumajyoukou.jp/




何かもう、やったもん勝ちが露骨過ぎて気分悪いです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。