TOP > スポンサー広告 > マイケル・ムーアTOP > マスゴミ > マイケル・ムーア

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ムーア 2009.12.01

書き手によって記事がどれだけ代わるかの好例です。


ムーア監督が東証で記者会見 日本にも米経済と同じ問題
 米国の銃社会の実態に迫る映画などで話題を呼んだマイケル・ムーア監督が、米マネー経済の弊害を追及した新作ドキュメンタリー映画「キャピタリズム マネーは踊る」の日本公開を前に初来日し、東京都中央区の東京証券取引所のホールで30日、記者会見した。
 ムーア監督は「日本でも米国と同じような問題が起こっている。社会のセーフティーネットが(過去の)保守的な政府によって崩され、犯罪率、失業率が高くなってきた。新しい首相のもとで昔の正しい日本に戻ってほしい」と訴えた。
 新作で、世界的不況の引き金となった米ウォール街を痛烈に風刺したムーア監督。「ニューヨークの証券取引所では立ち入り禁止。ここ(東証)で会見が開けて驚いているし、光栄です」と苦笑した。
 同監督は、米国の権力や社会を厳しく批判する作風と突撃取材で知られ、銃社会の恐怖を描いた映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」でアカデミー賞を受賞した。
 「キャピタリズム」は、12月に東京と大阪の映画館で先行上映され、来年1月から全国で公開される。
~河北新報~





さて、同じ試写会の様子を書いたスポニチでは…


マイケル・ムーア監督:“鳩山首相”とコラボ

 米のマイケル・ムーア監督(55)の最新映画「キャピタリズム~マネーは踊る~」(10年1月9日公開)の試写会が30日、都内で行われた。

 ムーア監督は初来日し、社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」と舞台あいさつ。鳩山由紀夫首相(62)のものまねで登壇した福本ヒデ(38)に対し「きょうはお母さんと一緒じゃないの? 僕にも9億円ください」と献金問題をジョークにして笑いを誘っていた。(スポニチ)




あら不思議!!wwwww

もちろんゴシップ誌として親しまれているであろうスポニチと新聞(笑)を比較するのもアレなのでしょうけど、この発言はしっかりと広めておくべきでしょう!!

ちなみに、日本は保守層によって国がぼろぼろになったのではなく、世界初のバブル崩壊から続くマスゴミ主導の不況感と、経済の仕組みや状況を冷静に見ることの出来なかった評論家(笑)や学者(笑)などを始めとした牽引役のミスキャストなどが絡んだ部分が大きいと思います。
こういった人達を「保守」と言うのであれば、私は自分が保守ではないと断言しますね。

ま、そんなこんなで、ムーアさんのジョークは、日本の時事に精通しているんだなぁ…という感想でした!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。