TOP > スポンサー広告 > 今年の派遣村TOP > ニュース > 今年の派遣村

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の派遣村 2010.01.08

派遣村、所在不明200人 就活費2万円支給後に続出
 年末年始に住居がない失業者に宿泊場所や食事を提供する東京都の「公設派遣村」で多数の無断外泊者が出た問題で、当初の利用者562人のうち、7日午後8時現在で200人以上の所在が不明になっていることが同日、都の調査で分かった。所在不明者は都が就活費として現金2万円を支給した6日から続出。都は規則違反者は強制退所にするとしたうえで、18日朝をもって派遣村の閉所を決めた。

 都によると、7日現在の入所者名簿は557人。しかし、同日の夕食の配ぜん数は356人分で、外出したまま戻らない155人と、46人の行方不明者の計201人が施設にいないことを確認。外出者の大半が所在不明となっている。

 「派遣村」に残る入所者の実数はピークだった4日(833人)の約4割に“過疎化”したことになる。都によると、新たな就労先を見つけて退所した人は1割程度に過ぎないという。

 都には、「派遣村」開設以降、都民から数十件の意見が寄せられたが、ほとんどが「2万円の現金支給や派遣村そのものに否定的なものだった」(都幹部)。都は、交通費などのために支給した就活費を酒やたばこの購入などに使用した人に対し、返金や生活保護費を差し引くなど厳しく対処する方針だ。

 一方、入所者に対する生活保護が続々と決まっている。7日に申請が通った60代の男性は「毎月4万円の生活保護費と住居の敷金、礼金の全額と家賃月額6万9千円が支給される。家財道具の購入費用も出る」とうれしそうに話した。

 施設では6-7日にかけて支給された現金の盗難が数件発生。7日朝には、入所中の50代の男性が就寝中に死亡した。警視庁によると死因はアルコール性肝硬変だった。




自分、都内で派遣やってますが「派遣村」と言う名前を止めてほしいです。
派遣労働者と言っても事務方なので工場派遣とは違って比較的安定している生活を送ってます。お酒美味しいです^q^

昨年、と言うかもう一昨年ですね、麻生政権時にあった派遣村の報道を見てから祖母がしきりに私の仕事を心配してくれているのですが、メディアの情報統制の恐ろしさを感じます。
『派遣』で一括りにされても困るわけです。
と言っても、いつ失うか分からんと言う恐怖心は無いわけじゃないですよ(゜д゜)


まあ自分の話は良いのですw
これは脱線です^^



派遣村の話に戻りますねw

今回の派遣村は、朝日新聞によると”厳正なる審査”と言うか結構厳しい基準があったようです。

都が年末年始に「官製派遣村」 国が要請、利用者は限定

 相談を受けたり宿泊したりできるのは、都内のネットカフェや路上などで生活し、都内のハローワークで求職登録をしている人に限られる。28日までにハローワークなどで受付票を入手し、電話で事前予約する。
(一部抜粋)
~asahi.com~



ニュースにあった写真を見れば分かるとおり、麻生政権叩きのネタとして使われていた時期に比べると自由に出入りすら出来ない厳重さです。
まあ政権交代キャンペーンの一環だったからこそあれだけ騒いだわけですが、一度やってしまったのでパフォーマンスとしてはやったけれども、そこまでは…と思っていたのでしょう。
ですので比較的真っ当な人間がきているのかと思いましたが冒頭のニュースを見るとそうではなかったようですね。

厳しい物言いですが、世情を見ずに自分の基準だけで仕事を選び辞めてきた人間に再就職など無理な話だと思います。
我慢ができないと言う事は欲望に正直と言う事。だから「金を貰って脱出」や「派遣村内での盗難」などが起こる訳です。
しかし、「村民は日本人だったのでしょうか?」と言いたくなりますね。
自国民を高評価しすぎと言われてしまえばそれまでですが、成りすましている連中が少なくないと考えているもので…w

 一方、入所者に対する生活保護が続々と決まっている。7日に申請が通った60代の男性は「毎月4万円の生活保護費と住居の敷金、礼金の全額と家賃月額6万9千円が支給される。家財道具の購入費用も出る」とうれしそうに話した。



前回の煽り方が「政府が悪いんだから我々は保護を受ける権利がある」と言った感じでしたので、それを受けての子とだと思いますが、これでは派遣村じゃなくて乞食村のがしっくりきますね。
そもそも、保護と言うのは真っ当に働けない人やそれに等しい事情がある人が受けるもの。
なのに健常者でありながら、働かずして働いている人よりも厚遇になるとか、僻みとか無しにしてもありえません。
不平等です。
まさしく

ニート代表

です。
せめて、生活保護の制度について変更を加えるなりして欲しいところですが、日本におんぶに抱っこで生活している特権階級があるために、政府もスルーしている部分がありますね。現政権なら余計にやらんでしょう。

”就職活動用支援”を貰って酒飲んだりたばこ吸ったりしていたようですけど、そりゃぁ宵越しの金ももてないような人間が2万も貰ったら即使うでしょう。
普段からそういった自堕落な生活をしているからこそ仕事もえり好みになり、長続きもしないのです。
もちろん、本当にない人もいるのでしょうが、そういう人達はちゃんと仕事を探した一割以下の人たちになりますね。

社会によって支えるべきは適応しようとしないクズではないはずです。
ハンデがある事を受け入れ、それでもちゃんと努力して生きている姿勢のある人こそが社会から支えられるべきです。
支え合いと言うのは大事ですが、「人権」の名の元に社会を食い物にする奴らには、相応の苦心をして頂きたいものですね。

ちなみに、派遣村の費用は6000万ほどだったそうですが、こういったものを「税金の無駄遣い」として糾弾しないのがマスゴミです。
早く次のステージに行かないかなぁ…とか思っちゃいますね。経営的な意味で。


拙ブログに足を運んでくださる人はお分かりだとは思いますが、現政権が推奨している助け合いも私は反対です^^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。