TOP > スポンサー広告 > 百害あって一利なしTOP > 政治 > 百害あって一利なし

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百害あって一利なし 2010.01.12

小沢・民主幹事長:「永住外国人に地方参政権を」 法案提出要望--政府内に慎重論も

 民主党の小沢一郎幹事長は11日の政府・民主党首脳会議で、18日召集の次期通常国会に永住外国人への地方参政権付与法案を提出するよう政府側に強く求めた。地方参政権付与は小沢氏の持論だが、与党内には慎重論も根強い。調整が進まない状況に小沢氏が業を煮やした形だが、政府・与党内の足並みがそろうかどうかは微妙だ。【高山祐】

 小沢氏は首脳会議で、「日韓関係を考える姿勢を見せるためにも政府提出法案で出した方がいい」と述べ、政府側に態度を決めるよう促した。慎重派の平野博文官房長官は「党の方でも協議してもらいたい」とかわそうとしたが、輿石東参院議員会長が「内閣の方でちゃんと動いているのか」と小沢氏を援護した。

 小沢氏は旧自由党党首時代、99年の自自公の連立合意にも同法案成立を盛り込むなど地方参政権付与に強い意欲を示してきた。昨年12月の訪韓時には、ソウル市内の大学での講義で「(次期)通常国会では現実になるのではないか」と発言している。通常国会にこだわるのは、参院選前に成立させて在日本大韓民国民団(民団)の協力を得たい狙いもあるとみられる。

 だが、政府内には平野氏のほかにも慎重論が根強く、法案を提出するかどうか、最終的な結論は出ていない。小沢氏が政府側を押し切れば、党内のあつれきを生む懸念も出ている。





今国会で成立させる事に対して必死のようですね。
是非廃案にしていただきたいと思います。
っつか出すんじゃねーよ!!(゜д゜#)

「日韓関係を考える姿勢を見せるためにも政府提出法案で出した方がいい」だそうですが、どこの世界に特定の一国に配慮して国家の基幹、国民の主権である参政権をあげる政治があるんだよ!?と言いたいですね。
まあ日本にあるわけですけど、そんなクソい政治がw

 鳩山由紀夫首相は12日午前、通常国会への政府提出を検討している永住外国人への地方参政権付与法案について「今、政府部内で日韓併合100年というタイミングでもあるということをもって、いろいろと検討している」と述べ、年内には成立させたいとの考えを示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 民主党の一部や国民新党が同法案に異論を示しているが、首相は「理解を得られると思っている」と述べた。 
 一方、平野博文官房長官は午前の記者会見で、日本国民以外への参政権付与は違憲との主張があることに関し、「そのことも含めて十分に検討を加えなければならない」と語った。
~時事通信 外国人参政権、年内成立を=与党内の理解得られる-鳩山首相



宇宙脳がどんな思考プロセスを経て外国人参政権の付与に至ったのかは知りませんが、与党腫瘍陣がこぞって賛成と言うのが気持ち悪いです。ホントに。
「理解を得られると思う」と鳩は言っていますが、詰まる所党議拘束かけるんじゃないでしょうかねぇ。

 民主党の山岡賢次国対委員長は12日、都内のホテルで開かれた在日本大韓民国民団(民団)中央本部の新年会で、永住外国人に地方参政権(選挙権)を付与する法案について「一日も早く国会に出てくるようにバックアップし、今国会で実現するよう錦の御旗として全力で取り組む」と述べた。また、山岡氏は小沢一郎幹事長が11日の政府・民主党首脳会議で「日韓関係を考えて政府が法案を出すべきだ」と述べたことを紹介。会場からは拍手がわき起こった。

 同じく出席した中井洽国家公安委員長・拉致問題担当相は「立派な法案を作って今国会で成立させ日韓友好を増進させたい」と強調。社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は「社民党も先頭に立って一緒に成立させたい」と述べた。公明党の浜四津敏子代表代行は「参政権の問題は当初から取り組んでいる。力強く地道に必ず参政権の問題を解決する」と語った。
~MSN産経 外国人参政権法案「錦の御旗として今国会で実現」 民団の新年会で民主・山岡氏



マルチ山岡に至っては、民潭の新年会に出てこんな事を言っている訳ですから、民主党と言うのがいかに病んだ政党であるかが良く分かります。

これらの動きに対し、ネットではちゃんと動きもあります。
日本の底力さんが、いつものように上手にまとめてくださった記事を出してくれていますので、そちらを参照させて頂きましょう。

田母神氏が公式ブログ開設!

緊急拡散【外国人参政権阻止前哨戦】

参政権粉砕メール爆弾!


外国人参政権付与法案阻止が試される格好の選挙が告示されます。それは、大島など小笠原諸島を選挙区とする東京都議補欠選挙です。《1月15日告示・1月24日投開票》
小沢一郎幹事長も8日午前中、幹事長室に小笠原諸島の町村長・議員ら約20人を招き入れ、直に選挙協力を求めている。

外国人参政権付与法案が通ったとき、一番危惧されるのは島嶼(離島)や限界集落であることは皆様方ご承知のことと存じます。

それらを踏まえると、今回の都議補欠選挙は、自民党と民主党の一騎打ちであり、参議院選挙の前哨戦として「外国人参政権付与法案」を補欠選挙の争点にすることができれば、参議院選挙の帰趨を占う重要な戦いになります。

現在、インターネットは、社会のあらゆる分野で欠かすことが出来ない地位を占めているにも拘わらず、選挙に大きな影響を与えるまでになっておりません。
今夏の参議院選挙の結果如何によっては、日本が日本でなくなることもあり得ますので、保守派インターネットユーザーの総力をあげて小笠原諸島町村役場や町村議員並びに民宿などへ、FAXやメールで民主党が「外国人参政権付与法案」を通常国会で通そうとしていることを告知しましょう。

外国人参政権付与法案が通ったら、離島に中国人や朝鮮人が住民票を移すだけで、自治権を奪われることになる可能性があることを知らせてあげましょう。

① 国外に在住している邦人の方々が、外国人参政権付与の危険性を警告して戴ければ、話題にもなり影響力絶大です。

② 東京都議会自民党支部長会議が、昨年12月「外国人参政権付与法案」の反対決議をしている。

③ 国内外の愛国有志の方々が1000名以上が、町村役場や議員並びに民宿などへ、告知行動をとってもらえるなら、マスコミも無視できず、参議院選挙の争点に浮上させることが出来ます。

④ 補欠選挙で自民党がダブルスコアで勝利できれば、小沢一郎幹事長は、通常国会で「外国人参政権付与法案」を通すことを諦めます。

⑤ 現自民党執行部は、参議院選での公明党との選挙協力に目がくらみ、「外国人参政権付与法案反対」を宣言しておりませんが、選挙結果の如何によっては、宣言することもあり得ます。

⑥ 政治は結果がすべてですので、補欠選挙が「外国人参政権付与法案」で帰趨を決したことになれば、雪崩を打って「外国人参政権付与法案反対」の方向に進みます。

● 覚醒しているインターネットユーザーの皆様、日本の選挙史上初めてインターネットの力を見せ付けるチャンスです。小笠原諸島の思い付くあらゆるところに、民主党イコール「地方自治崩壊外国人参政権付与」を知らしめることが出来れば、現在の政治状況を激変させることが出来ますので、15日の告示日まで一気呵成に告知活動に撤しましょう。

戸井田とおる先生ブログ「丸坊主日記」 http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/


伊豆諸島役場のメールアドレス
大島町 議会事務局
gikaijim@town.oshima.tokyo.jp
大島町 町長室
town-build@town.oshima.tokyo.jp
利島村 総務課(お問い合わせ)
hptoiawase@toshimamura.org
新島 村役場
yakuba@niijima.com
神津島村役場 (行政に関するお問い合わせ)
kouzu@vill.kouzushima.tokyo.jp
三宅村役場 お問い合わせフォーム
http://www.miyakemura.com/toiawase.html
御蔵島村役場 総務課
kizai@mikurasima.jp
青ヶ島村 役場
aogashima@vill.aogashima.tokyo.jp
東京愛ランド(東京都島しょ振興公社)
メールフォーム
https://ssl.islands-net.jp/mail_form/information.html
小笠原村 http://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/links/
(小笠原村長)森下 一男 (FAX) 042-384-7004
(小笠原村議会議員)一木 重夫   coralline@h9.dion.ne.jp
※小笠原村議会議員で個人の連絡先がわかるのは、一木 重夫氏のみでした。
小笠原村役場 (メールフォームアドレス)https://www.vill.ogasawara.tokyo.jp/inquiry/
小笠原母島観光協会 (メールフォームアドレス)http://www.hahajima.com/form/form.html
小笠原村観光協会  info@ogasawaramura.com
小笠原ホエールウォッチング協会   owa@h6.dion.ne.jp
小笠原村社会福祉協議会   shakyo-chichijima@h5.dion.ne.jp
明老会   meiroukai@h2.dion.ne.jp
小笠原海洋センター    info@bonin-ocean.net
南洋踊り保存会   nanyouodori@yahoo.co.jp
国土交通省小笠原総合事務所   (FAX) 04998-2-2245
母島小中学校   (FAX) 04998-3-2184
父島気象観測所   (FAX) 04998-2-2322
有限会社小笠原海宝塩 ymarusa@d1.dion.ne.jp
小笠原の塩 hiroshi@ogasawaranoshio.com
オレンジハウス hasebe@f2.dion.ne.jp
海遊 yoyaku@ogasawara-kaiyu.com
maki maki       makimaki04998@marine.odn.ne.jp
毛利荘 rocky-s@muh.biglobe.ne.jp
きり丸HOUSE kirimaruhouse@ogasawara-kinako.com
ホテルブーゲン hotel_bougain@cello.ocn.ne.jp
ブーゲン(飲食店) bougain@cello.ocn.ne.jp
コンドミニアムPassion ni-okamoto@y8.dion.ne.jp
ホテル ホライズン    horizon-info@hotel.email.ne.jp
父島ペンション    info@chichipen.com
小笠原ユースホステル    jinnybeach@oyh.jp
美空荘   misora-so@h6.dion.ne.jp
大洋荘   taiyoso@xrh.biglobe.ne.jp
ヴィラシーサイド   villaseaside@mbr.nifty.com
トロピカル イン パパイヤ   papaya@ogasawara.name
父島ヴューホテル   chichijimaview@alpha.ocn.ne.jp
ウエスト    west@f4.dion.ne.jp
シーサイド・イン・AQUA   aqua@plum.ocn.ne.jp
パパスアイランドリゾート   mail@papasir.com
シートピア   seatopia@d7.dion.ne.jp
クレセント    chichijima-crescent@dolphin.ocn.ne.jp
FISH EYE fisheye@d3.dion.ne.jp
サンライズ奥村   sunrise-o@kk-keiko.co.jp
境浦ファミリー   families@d2.dion.ne.jp
フリッパーズ・イン  flipper@marine.odn.ne.jp
父島コテージ  nozomu@m6.dion.ne.jp
てつ家     info@tetuyabonin.com
ペンション漁徳    ryoutoku@f8.dion.ne.jp
ZiZyのお魚ギャラリー    zizy@h6.dion.ne.jp
島ハチミツ  rocky-s@muh.biglobe.ne.jp
藤谷農園   pf-farm_fuji@d7.dion.ne.jp
Qussy Qussy@cetace.net
アイッパラ 号    aippara@f4.dion.ne.jp
ダイビングサービス ウラシマン    ogasawara@urashiman.com
マリンコンダクター エスコート    info@do-escort.com
(有)小笠原整備工場 レンタカー    rent-car@m5.dion.ne.jp
小笠原ツーリスト     hsato@ogasawara-tourist.com
オガツアー     ogatour@crux.ocn.ne.jp
ダイビングサービス KAIZIN kaizin@w9.dion.ne.jp
Comeクルーズ    amberjack-0622@k3.dion.ne.jp
グレース オーシャンツアーズ    graceocean@h5.dion.ne.jp
シータック     info@sea-tac.jp
C-TRIP c-trip@m7.dion.ne.jp
シャンティーボビーズ フィールドガイド     bovies@k2.dion.ne.jp
スタジオもののふ!     mononofu@d2.dion.ne.jp
自然体験ガイド ソルマル     solmar@ogasawara.or.jp
竹ネイチャーアカデミー      info@take-na.com
だびんちゅ    sky-tabinchu@r8.dion.ne.jp
(有)父島タクシー    chichitx@d7.dion.ne.jp
ディープブルー オーシャンガイドサービス     info@d-blue.info
パパスダイビングスタジオ    info@papasds.com
パパヤ マリンスポーツ   papaya@ogasawara.name
プーランヴィレッジ    pelan@pelan.jp
ブルースカイビッグホース    blueskybighorse@k2.dion.ne.jp
ブルーム    broome1958@yahoo.co.jp
ブルーレース    bluelace@marine.odn.ne.jp
フローラ ジャングル トレッキング ガイド    kuniverse@m4.dion.ne.jp
Poco FISHING STUDIO poco@d9.dion.ne.jp
ボニンブルーシマ    k_shima@d3.dion.ne.jp
マルベリー    yoshii@d5.dion.ne.jp
ラオ・アドベンチャーツアーズ    boninrao@me.com
LITTLE GEORGE little.george@m8.dion.ne.jp
TOMATON tomaton@w8.dion.ne.jp
小笠原漁業共同組合   gyokyou@heteml.jp
クラブノア母島    noah_88@d2.dion.ne.jp
フィールドエスコートhilolo   guide@hahajima-hilolo.com
ゲストハウス バンブーイン  (メールフォームアドレス)http://www.k4.dion.ne.jp/%7Ebamboo/
クラフト イン ラメーフ (メールフォームアドレス)http://www.lamere-inn.jp/mail/
B&B などわど   (メールフォームアドレス)http://nadowado.net/modules/inquirysp/


【転載フリー】ジャーナリスト・水間政憲



[メール用テンプレート投下。(+お願い)]
「ど」の字です。
 今後の日本の未来を左右しかねない、外国人参政権法案に深く関わる攻防がまず離党から始まるという話を聞き、居ても立ってもいられず書き込みをしています。
 自分も、微力ながら一臂の力となるために、ここに外国人参政権法案反対のための文章テンプレートを投下させていただきます。
 皆様方の手に合うような細かい修正の上、ご活用ください。




 前略 

 初めまして。
 自分は、日本国民の一人として、現在の民主党政権による諸処の言行に危惧を抱いている者です。
 この度は、小笠原諸島を選挙区とする東京都議補欠選挙の結果が、民主党政権の推進する外国人参政権法案という恐ろしい法案を通過させる梃子になりかねない危険な状況であることを認識していただきたく、ここに筆を取っております。
 
 今回の小笠原諸島を選挙区とする東京都議補欠選挙は、今年初めての選挙ということで政界の注目を集める重要な選挙になっております。
 民主党の小沢一郎幹事長もこの1月8日午前中、幹事長室に小笠原諸島の町村長・議員ら約20人を招き入れ、直に選挙協力を求めているとニュースで聞いております。
 小沢一郎幹事長は、誰が何と言おうと現在の民主党政権における唯一の意思決定権者であります。
 そんな人物のこの動きは、民主党政権が今回の補欠選挙を梃子にして、民意を受けたものとして外国人参政権法案を強引に成立させんとする意図に他なりません。

 現在の民主党政権が最も力を入れて成立させようとしている外国人参政権に関する諸法案の危険性はご存知でしょうか?
 民主党政権は色々な詭弁を弄し、またマスコミを使っての扇動もしておりますが、現在民主党政権が主張しているような外国人に対する野放図な選挙権付与をしている国家の例はありません。
 よく例に挙げられるのは迷惑な隣国である韓国の話であり、韓国で外国人参政権が付与されていることを理由に相互主義で日本国も外国人参政権を付与すべきという論が為されていますが、韓国は世界でもかなり外国人差別が激しい国家であり、また韓国における外国人参政権付与は極めて厳しく限定されたものであります。
 民主党政権が推進するような、度を越して寛容な参政権付与はどんな国においても許容されるべきものではありません。
 この法案が成立してしまえば、人口の少ない島嶼(離島)や限界集落に特定の外国人が大挙して住民票を移すことにより、その地域共同体を外国人ひいては外国の意によって動かされてしまうという非常に危険な状況が起こりえるのです。
 日米の連絡を切断できる要衝に位置する小笠原諸島が危険になるのは言うまでもありません。

 民主党政権は、離島がそれを認めているという世論を背景にして、この危険な法案を成立させようとしているのです。
 端的に言えば、民主党政権は小笠原諸島を騙そうとしております。
 どうか、小笠原諸島の政治に多大な影響を持つ皆様方におかれましては、日本国の安全を考慮せず、ひいてはあなたがた離島や限界集落に住まう国民の身命財産を危うくする民主党政権に協力することのありませぬよう、日本国民の一人としてお願い申し上げます。


 ついでながら私見として書かせていただければ、民主党政権の意思決定権者である小沢一郎氏とは一体何者でしょう?
 前々から言われている事ですが、かの『闇将軍』田中角栄氏の弟子として古い自民党体質を代表したこの人物は、新時代に変革した自民党を追い出され、幾つもの新政党を作っては潰し作っては潰して、ついに日本国の政権政党の意思決定権を裏から握ったに過ぎないではありませんか。この人物の何処に、日本の政治の意思を決定する正当性がありましょうか?
 今の民主党政権を代表する鳩山由紀夫首相は、能力からも立場からも『新・闇将軍』小沢一郎氏の操り人形に過ぎません。小沢一郎氏の都合によって使い捨てられる捨て駒に過ぎないでしょう。
 大体において、民主党の前代表たる小沢一郎氏と現代表である鳩山由紀夫首相は、現在世間を騒がせている金銭的な大規模犯罪を追求されております。そんな人物たちを代表に頂く政党の一体何処に、自民党政権の諸処の言行を否定し得る要素がありましょうか。
 民主党の山岡国対委員長は、「政治とカネの問題をいくら議論しても、国民生活は一向によくならない」と言い、小沢らの参考人招致応じない意向だということですが、仮にも自党の代表者が犯した犯罪を許せと言わんばかりな辞任ものの暴言を吐かしめる党に、国民の身命財産を預ける事は出来ないと自分は確信しております。
 かように国民を無視した態度の党に協力し、後世に汚名を共に被る事のありませんよう御忠告申し上げて、この文を締めさせて頂きます。

 皆様方の今後の活躍と御発展をお祈りします。

 草々





 さて、最近は緊急事態が進行中ですので、CHONMAGE FIGHTER様の手によるページ更新が激しく、自分が先に書きました2本の短論文が流されてしまいかねなく、少しさびしく思っております。
http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/blog-entry-403.html#comment2330
 拙いながらも力を込めて書きました。日本と世界の動きを見る参考にしていただければ幸いです。
2010-01-11 Mon 02:47 | URL | 「ど」の字 #/rKlrZ.I[ 内容変更]



転載させて頂きましたが、問題があればもちろん消します。
「もっとやっちゃって!」と言ってくれると信じてますw


移民への参政権などを認めた場合、様々な問題が発生することはネットではほぼ当たり前となっていますが、実際に移民政策で痛い目を見たフランスでは、サルコジ大統領が「そもそもフランス人とは何だと思う?」と問題提起をしております。

 ◇「崇高な運動」か「移民・イスラム排斥」か

 「フランス人とは何か」。そんな根源的な国民論議がフランスで続いている。国民の10人に1人が移民(不法移民も含む)であるという現実を前に、保守派のサルコジ政権が「フランス人を定義し、国民の誇りを再確認しよう」と呼び掛けた。フランス語を話す、国歌を歌える、伝統的な政教分離主義を守る、などさまざまな意見が出る一方で「こうした論議自体、移民やイスラム教徒の排斥につながる」との反発も強くなっている。【パリ福原直樹】
~毎日jp フランス:「フランス人とは何か」サルコジ政権が問い ゆがむ論議、広がる反発
~何でもありんす 【国際】 移民多数のフランスで、サルコジ政権が「フランス国民とは何か?」問いかけ→「こういう議論自体、移民の排斥だ!」と批判の声




現在でも日本に来た外国人、特にシナチョン系は独自にコロニーを形成して”自分たちの生活”を謳歌しています。
もちろん、日本が好きでちゃんと日本のルールや慣習に則って暮らしてくれる人もいるのと思いますが、金の力や市民団体(笑)の力で居直り居座りをしたり、短期ビザで入国をしてドロンしている人も少なくないのも事実です。
池袋や新宿の例を見れば分かるとおり、居座ってコロニーが形成されているだけでもなんだかんだと影響力は発生します。
主に暴力的な意味などですけどw

シナーは一党独裁の国ですから、民主党の言う”相互”が成り立ちませんし、チョンはチョンで条件を見ればすぐに相互にはなりえないと言う事は分かるのですが、如何せんそういった情報がメディアによって拡散されない為、”正しい議論”をするだけの下地が出来上がっていません。
「意外と問題にはならないかもしれないよ?」と言う楽観主義者もいらっしゃると思いますが、最悪の未来を想定して運用するからこその政治です。
「もし、社会的に影響力を持った他国人による一大勢力ができたらどうなるだろう?」
と言うことに考えが至るのはそんなに難しい話ではないと思うのですけどねぇ(゜д゜)

一番は国会開始前に小沢が逮捕、鳩山も失脚して民主党が瓦解することですが、そこは検察に頑張って貰うしかありません。今我々にできるのは、検察を応援することだけです。

東京検察ご意見フォームはこちら^^

参政権の事なんて捨ておいて、いかに日本が発展の道に戻るかを考えるのが、政治家の役割だと思うのですけどねぇ…。
スポンサーサイト

コメント

GJGJ!

こんばんは、よくわかってらっしゃるじゃないですか。
もっとやっちゃっておくれですよ。w

シナチョンコロニーを破壊していきましょう。
有難うございます!

2010.01.12 | URL | 日本の底力 #eYj5zAx6 [ 編集 ]

ありがとうございます!

>>日本の底力さん
ありがとうございます。
拙ブログでも、見て下さっている友人などもいますから、多少なりの影響があると良いな~と思ってます。

「良識の範囲内で」と言う”日本人的”な慎ましさを思慮しつつ、活動をしていきたいですね!!

これからも、様々な情報楽しみにしております。

2010.01.13 | URL | キョウシュウ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。