TOP > スポンサー広告 > 子供手当てとは一体何か?TOP > 政治 > 子供手当てとは一体何か?

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供手当てとは一体何か? 2010.03.05

子ども手当6月から支給 4、5月分2万6000円


 厚生労働省は18日、地方自治体の児童福祉担当者を集めた会議で、2010年度から実施する子ども手当の支給時期などの具体的な事務手続きを説明した。1回目の支給は、中学生以下の子ども1人に対し6月に4、5月分の計2万6000円を一括で支給する。

 支給は現行の児童手当と同じく、6、10、2月の年3回とする。2回目の支給となる10月は6~9月分の、来年2月は10~1月分の各計5万2000円が、対象となる子どもの父母らの銀行口座に振り込まれる。

 児童手当制度に新制度を上乗せする形式をとるため、既に児童手当を受けている世帯は新規の届け出は必要ない。新たに受給対象となる子どもを育てている父母は4月以降、各市区町村に名前や振込先などを届け出る必要がある。

 今年9月末までに届け出れば、4月分から支給を受けることが出来るなど、猶予期間も設ける。

(2010年1月19日 読売新聞)




民主党内でも、実は賛否のある子供手当て
「15歳までの全ての子供に月26000円を支給する」と言うのが民主党が選挙用に使っていたフレーズでした。

民主党の政策のほとんどに賛成できない自分としては、当然反対だったのですが、その一番の理由は財源よりも「国籍条項がない」事でした。
つまり、日本に居る全ての子供にお金を配るわけです。正確には該当する子供を持つ親にですけど。
不法に入国してきた人だろうが、犯罪者として潜伏していようが、日本が嫌いで破壊活動をしていようが、15歳以下の子供がいればお金が貰える。
そんなバカな事があってたまるかと思ったわけです。

そして先日、ついに民主党から子供手当て法案が出てきたわけですが、内容は次の通りです。

第一七四回
閣第六号
   平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律案
目次
 第一章 総則(第一条-第三条)
 第二章 子ども手当の支給(第四条-第十六条)
 第三章 費用(第十七条・第十八条)
 第四章 児童手当法との関係(第十九条-第二十二条)
 第五章 雑則(第二十三条-第三十三条)

(中略)

第四条 子ども手当は、次の各号のいずれかに該当する者が日本国内に住所を有するときに支給する。
 一 子どもを監護し、かつ、これと生計を同じくするその父又は母
 二 父母に監護されず又はこれと生計を同じくしない子どもを監護し、かつ、その生計を維持する者
 三 子どもを監護し、かつ、これと生計を同じくするその父又は母であって、父母に監護されず又はこれと生計を同じくしない子どもを監護し、かつ、その生計を維持するもの

2 前項第一号又は第三号の場合において、父及び母が共に当該父及び母の子である子どもを監護し、かつ、これと生計を同じくするときは、当該子どもは、当該父又は母のうちいずれか当該子どもの生計を維持する程度の高い者によって監護され、かつ、これと生計を同じくするものとみなす。

(中略)

     理 由
 次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援するために、平成二十二年度において、子どもを養育している者すべてに対し、子ども一人につき月額一万三千円の子ども手当を支給する必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g17405006.htm

~衆議院~



もう少し噛み砕いて言います。

日本に住所があって、15歳以下の子供がいれば子供一人につき13000円を毎月支給します。
子供の為です。


先ほども言いましたが、この法案には国籍条項が存在しません
つまり、外国人でも支給の対象となります。
この法案の凄いところは親(子供の監督者)さえ日本に住んでいれば、子供の所在は問わないと言う部分です。


例を挙げてみましょう。

私は独身ですが、投資として100万ほど使って発展途上国で養子縁組をして、20人の子供を持つ事にしました。
子供たちには本国にそのまま居て貰い、月に全部で5万ほどの日本円での仕送りを約束します。
私は日本に住所を持っていますので、20人分の子供手当て、つまり56万の収入が約束されました。
養子の子らに5万送っても50万以上残ります。
2ヶ月で投資した分は回収できる上に、子供の面倒を見る必要もなく悠々自適に暮らせますね。



上と同じことは外国人でも出来ます。
当たり前ですが、戸籍を偽造して15歳以下の子供を延々と持つことも可能です。

この法案は住所をベースに考えている為、日本人に対して作られるものではないと言うところがミソなのです。
従って、親の都合によって海外にいる子供などには支給されません。
民主党からしてみれば、日本人である事など一切価値はないのです。


ちなみに、子供手当ての財源はなんでしょう?
当たり前ですが我々の支払っている税金です。

子供手当てに必要とされる金額は、約5兆6千億円。それが毎年必要になります。
それに対し財務省が予測している22年度(2010年度)の税収は48兆円。それが年々下がっていきます。
しかし、税収の約1割を子供手当てに割かねばなりません。
この税金は、当たり前ですが私たちが働いて得る収入の一部が徴収されたものです。

つまり、子供手当てが民主案のまま実施されると、日本の労働者が外国人(犯罪者含)まで養っていく社会が生まれます。
日本がものすんごい豊かな国で、配っても配っても日本人がずっと豊かで老後まで全く心配のない国ならばそれでも良いかもしれません。
しかし、よく考えてください。今の日本を。

国は毎年借金を増やし(これは嘘なのですが、別途書きます)、デフレ不況で若者の就職もままならない。20年前に比べて働き盛りの30台の収入は200万円の少なくなり、少子化で今後の働き手も少なくなっていく。

そんな国が外国人まで養っていくだけの余裕があると思いますか?
ズルい人外国人犯罪者が、上に書いたようにズルをして年間何百万と言う収入を働きもせずに受け取る可能性が無いと言い切れますか?日本の隣には、そう言う事を平気でやる人が住んでいる国がありますよね?
自分の生活を犠牲にしてまで、見ず知らずの他人(犯罪者含)の生活を支えていけますか?



民主党の子供手当ては、悪魔の囁きだったのです。
マスコミ、特にテレビはこの事を隠し続けています。
視聴者に必要な情報を与えない事で大衆を騙し、民主党政権下でお金を稼げるからです。


財源として足りない分は国債を発行して補うのは毎年行われています。
それを踏まえた上で、財務省流に言わせていただくのであれば、子供手当てとは「世界を養うために日本が借金を増やす」事に他なりません。
自分たちは汗水たらして働いて、一生懸命頑張っても豊かになるのは怠け者と外国人だけ。
これで子供作れますか?
それが民主党の子供手当ての正体です。
さらに控除の廃止による影響で、結果的な増税などもありますので生活が苦しくなっていくことは避けられないでしょう。
影響が無いのは、脱税しても未だに捕まらず毎月1500万ほどの違法子供手当てを貰う事が出来る特権階級の人間だけです。

私は、この日本が正直者がバカを見るだけの国になって欲しくないから、民主党政権には早々に退いて頂きたい訳です。
皆さんはどうですか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。