TOP > スポンサー広告 > ヒャッハー!肉だ肉ニダー!!TOP > 在日 > ヒャッハー!肉だ肉ニダー!!

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒャッハー!肉だ肉ニダー!! 2009.03.30

先日、友人オススメと言う焼肉屋に行ってきました。
職安通り沿いにあるお店だったのですが、韓国関係の方が経営されているようで、従業員は皆韓国人。当然韓国語が飛び交っていました。
びっくりするくらい厚切りのタンがあったりして、結構美味しかったです。
お値段も、ショバ代含めて若造には結構な金額にはなりましたけどw

そう言えば学生だった時分、友人がビックサイトで行われる某イベントの大手サークルの手伝いをしていたんですが、打ち上げで焼肉をガッツリ食べてきたととても嬉しそうに話していたのを思い出しました。
なんでもその焼肉屋は新宿の歌舞伎町にあり、高級焼肉と言われるお店だったそうで。
いつか自分も稼ぐようになったら行くのかもと思って今に至ります。
結局、一度も行かないままここまできたのですが、これからも行く事はないでしょう。
そのお店の名前は叙々苑と言うそうで…

★焼き肉店頑張ったかいあった!韓国人夫婦在留OK

・大手焼き肉チェーン「叙々苑」傘下の焼き肉店を東京都内で経営する韓国人夫婦が、国に在留を認められなかったのは不当だとして、強制退去処分の取り消しなどを求めた訴訟で、東京地裁は27日、請求を認めた。

 杉原則彦裁判長は「夫婦は長期間、身を粉にして働き、叙々苑社長から高い評価を受けて店の営業を許された。違法状態だったが、営業を継続する経済的価値は高く、すべてを失わせるのは酷だ」と指摘した。

 判決によると、夫婦は1988年、借金返済のため、短期滞在の名目で来日。期限が過ぎても残留し叙々苑の直営店で働いていたが、同社は99年ごろ、夫婦を含め不法就労者を全員解雇した

 夫婦は別の店に移った後、2004年にその店の経営を引き継いだ。叙々苑社長との親交は続いており「叙々苑」の商号使用を直営店以外で唯一許された上、食材の提供も受けるようになった。

 夫婦は06年、在留許可を求め、東京入国管理局に出頭していた。

 ~スポニチ~
  ※ 現在はリンク先は消えています。


『焼肉店(叙々苑)で頑張ったから』不法残留の韓国人夫婦、強制退去取り消される
~柔らかニュース~
各種ブログやスレまとめ系サイト、2ちゃんのスレッドなどへのリンクの豊富さや、書き手さんの巧さもあって凄く読み応えのあるオススメのサイトさんです。



     ii i ミ??
     lli i ミ;
    <`∀´ミ> ヒャッハー!!
     ┳⊂ )
    [@]|凵ノ⊃
     ◎の□◎ =3 =3


頑張ったかいがあった!じゃないよ!
日本の法律をなんだと思ってるんだよ!!

見出しだけ見ると「良かったね!」って感じもしますが、これは明らかに日本の法律が貶められた判決であり、司法に携わる人間に情治主義者が増えていると言う危機感を激しく覚えるニュースですね。

>夫婦は06年、在留許可を求め、東京入国管理局に出頭していた。

と、最後に申し訳程度に書いてありますが、短期滞在ビザの滞在許可期間と言うのは2週間ほどのはず。
88年に来日してそこから不法滞在をしていたのですから、18年間入管に黙って働いていた訳で。
これは忘れていたで済む様な期間ではないのは誰の目にも明らかだと思います。

借金を返すために来日したはずが、なんで20年も居座ってるのかと疑問に思わざるを得ません。
2週間の短期滞在期間中に返すのであれば、競馬や競輪、パチンコなどの賭博で稼ぐくらいしかないでしょうし、この夫婦は不法滞在を目的として来日した事は明らかです。
もとから法を犯すことを前提に来た連中などにこの国に居てもらう必要はないと思いますね。

記事からも分かる通り、叙々園は系列店なのですから、はっきり言って店長として働くのは誰でも良いはず。
別に犯罪者を使ってまで頑張らなくても良いと思いますね。犯罪者は自国の塀の中で働いてくれてれば良いのです

柔らかニュースさんによれば、この判決を出した裁判官は他にもトンデモ判決を多数出している人らしいですよ。

朝鮮大好き?杉原則彦東京地裁裁判長 nihondanji 2.0:イザ!
不法韓国人夫婦の在留OK・「叙々苑」傘下の焼き肉店で頑張って働いたから・東京地裁の杉原則彦裁判長は、朝鮮総連、反日映画「天皇伝説」、不法就労外国人などが大好きで、異例の判決を連発・訴追請求の仕方 - 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
杉原則彦 - Google 検索
韓国人夫婦の請求を認め、強制退去処分を取り消した杉原則彦裁判長は、随分朝鮮半島寄り・不法滞在者寄りに偏った法を蔑ろにするトンデモ判決を繰り返している人物なようですね。
こういう人が裁判官を務めていて何の問題も無いのでしょうか?



他所でも地裁はトンデモ判決を出すケースと言うのは特に輝いて見えるものですが、カルデロン偏向報道などもあった事もあり、輝きを増して見えますね。
間違いなく全国の不法滞在者が大喜びで既成事実の作成に勤しんでしまいますよ。まあ今この瞬間も勤しんでるんでしょうけど(´д`;)

一部では、こういったゴネ特の事を先日のフィリピン人不法滞在一家報道にかけて、カルデ論と言うらしいのですが、これもまさしくその一例ですね。
高裁、最高裁ではまともな判決が出て、犯罪者は自国へ強制送還。そして、犯罪を助長していた叙々園にも、何らかの罰を与えて欲しいものです。この分だとどうせ他にも同様のケースが大量にあるんでしょうし。

「叙々園は高級店」と言う認識しかありませんでしたが、今後私の中でこのお店は外します。
一度も行った事はありませんが、このまま行く事はないでしょう。
決して興味が無いわけではないのですが、罪を償っている人ではなく、今も犯罪を犯し続けている人間が経営しているお店を潤す事はさすがにしたくないですから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。