TOP > スポンサー広告 > 興味深いチラシの裏 in 便所の落書き Part2TOP > 政治 > 興味深いチラシの裏 in 便所の落書き Part2

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味深いチラシの裏 in 便所の落書き Part2 2009.06.26

興味深いチラシの裏 in 便所の落書きにて取り上げたチラ裏の第二回が日本が好きなだけなんだよさんにあったので紹介させて頂きます。

主な用語解説
統一・・・統一教会  民巣・・・日本の民主党  KRW・・・韓国ウォン  マキロン・・・マネロン=マネーロンダリング  イルボン・・・日本  雨・・・アメリカ  3K・・・産経  M・・・毎日  A・・・朝日  D・・・電通


490 :Trader@Live!:2009/06/21(日) 20:56:08 ID:AG89Ekvj
またチラシの裏を投函するニダ。
例によって統一絡みニダ。

前に統一はかつての勝共連合の流れで民巣の一部に繋がっているという話をしたニダ。この統一が関わっている利権の一つに慰安婦問題があるニダ。実のところ、南の中の人は慰安婦問題に関して、ちょっと知っている人なら「言わないで欲しい」「関わり合いを持ちたくない」という意見が非常に多いニダ。
 
それでもマスコミなどを通じて毎日のように騒ぎ立てているには理由があるニダ。そう、統一の利権という側面ニダ。南の議員はかなりの数で統一の支援や利権に絡め取られているという噂があるニダ。

その為に統一の操り人形となって、統一のための動きをするという議員が非常に多いという話ニダ。 慰安婦問題に関しても、日本の中に巣食う共産革命を目指す極左勢力の仕掛けた宣伝活動に上手いこと乗った形なのが始まりニダ。

そうした騒動には常に利権の魅力が見え隠れするといっても過言では無いニダ。今のこの泥沼の状況は、かつての村山首相の時のように、あっさりと金を払ったものだから、二匹目の土壌を狙って仕掛けたキャンペーンを日本政府がはっきりと拒絶したことから始まっているという話ニダ。

所詮はヤクザと同じ、上納金を納めるまで嫌がらせを続けるというやり方ニダが、今は情勢が変わりつつあるニダ。
 
実際に日本側では自民党の中にいた勝共連合繋がりの統一パイプがぶっちりと切れてしまっているという噂ニダ。統一とパイプがあって利権つながりだった派閥は、経世会の一部だったという噂ニダ。旧田中派は川砂利利権で北とずぶずぶだったニダが、今はもう干上がって悲鳴も出てこないという状態だとの噂ニダ。

今一番べったりの集団はやはり民巣ニダ。

それが例の民巣の「慰安婦に真っ先に賠償する法案」だったり、「国会図書館で慰安婦問題コーナーを作る」という動きに繋がっているニダ。唯でそんなことする訳は無く、当然の事ながら美味しいキックバックがあるという噂ニダ。

この慰安婦問題には当然の事ながらフェミニスト団体もちょっかいを掛けているニダ。そうした流れで、民巣の中では統一系とフェミ系が共同戦線を張っているという話ニダ。まあ、日教組も北繋がり+フェミ繋がりでこの慰安婦問題ではズブズブらしいニダ。

この慰安婦問題は実は微妙にKRWとも繋がりがあるニダ。(とはいえ、政治的な問題では多かれ少なかれその国の通貨問題につながってしまうニダが・・・。ここの住人の人には蛇足ニダ)

統一の資金が現代財閥に繋がっているという話は前にしたニダ。この慰安婦問題は実際には南においては巨大な集金システム兼マキロン構造になっているニダ。慰安婦問題を扇情的に煽り続けて、南の中の人には対日愛国心を燃え上がらせて、それを寄付という形で資金に換えるニダ。それに乗らない人には「愛国心が足りない」とネガキャンを張って潰しに掛かることが出来るニダ。
 
海外に対しては膨大な広告費を払うことでそれを既成事実化する運動に繋げて、南系企業の販促宣伝にも応用してしまうニダ。当然それで売り上げがアップするニダ。その売り上げの上がった金で議員やマスコミを利権構造のズブズブに取り込んで、また「ウマー」ニダ。

そうしたグルグル構造に現代財閥の会計問題が乗っかるから、余計に滅茶苦茶になっているという噂ニダ。

491 :Trader@Live!:2009/06/21(日) 20:57:00 ID:AG89Ekvj
可哀想なのは南の中の一般人で、自分達がそうした構造の中で本来なら正しく回るはずの資金が裏の利権に吸い上げられて、勝手に蠢いている中で、激しいインフレと雇用の不安定さに翻弄されているという現実ニダ。

特に南ではインターネットをするにも国民登録番号が必要になるので、イルボンや欧米のようにこんなざっくばらんには危ないネタを書けないニダ。

この統一のマキロンとグルグルに火が付くと半島が巨大な火薬庫になる可能性があるという噂ニダ。

実のところ、今、イルボンの政界は凄い勢いで統一を切りに掛かっているという話ニダ。それは雨も後押しをしていて、それを食い止めるためにマスゴミがパニック状態になって動いているという噂ニダ。
 
良く噂されている3Kの統一つながりに関しては、共に勝共連合の時代にあった成立の云々を考えれば別に名残があっても不思議ではないニダ。その統一も、「何派」に属する“統一”なのかによって見方はぜんぜん変わってしまうニダ。
 
新世界にしても不正DM問題や故人献金にしても、こうした繋がりとは無関係ではないという噂ニダ。

パチ税の導入が云々という話も、国税庁やその他の霞ヶ関との打ち合わせが完了していなかったら出せない案件だったおいう話ニダ。つまり、そういう事ニダ。

マスコミ規制の話においても、どうやらあれは総務省とK察との妥協で出てきたという話ニダ。実際、法関係の人に聞いたニダが、MとかAの報道に関しては、もしかしたら威力業務妨害や公務執行妨害、脅迫なんかが成立させられる可能性がある、というチラシの裏を聞かせてもらったニダ。

安倍タンや(酒)殿がAとかを訴えていたのも、その取っ掛かりにするためだったらしい、という穿った見方もあったニダ。

もし、そうなれば総○省に対して行政訴訟を起こして、Aを潰すことも・・・

そうなれば総務省としてはとんでもない事になってしまうので、和解を受け入れてもらって矛を収める、という方向で話が進んでいたという噂ニダ。しかし、今、Aは掌を返して閣下に対しての狼藉を繰り返していたニダ。

これに面子を潰された霞ヶ関の中の人が、もう仕方がないから、と折れたという噂ニダ。本当かどうかは知らないニダ。

これはD潰しも絡んでいるから、ことは大事ニダ。

もし、今の状況でマスコミが一つでも潰れると、Dの営業に無視できない影響が出るという話ニダ。Dは企業に広告枠を売って、その金をメディアに流して広告枠を買う、という仕事ニダ。つまり、物を仕入れることが出来なければ、物を売ることができなくなるニダ。そうなったら黒字倒産も視野に入ってくるニダ。

まあ、いろんな噂が飛び交っているニダ。
また機会を見て投入するニダ



内容が素敵なので、特にコメントをするまでも無いと思ってしまうんですよね、このレスw
しかしただ貼るだけでは能が無いので私のコメントも少し。

まずそれそのものからして造語である従軍慰安婦。
これは様々な歴史資料などから自称慰安婦やゴミが報道してきたような事は無かったと言う結論が保守系のブログでの基本的な認識だと思います。
あそこまで騒ぎ立てるのは、当人達が金が欲しかったり、朝鮮が日本に永劫たかる為の言い訳として被害者面するのが最も簡単である事からやってる事だと思っていました。
しかしこういった宗教団体の利権構造の一環でもあるんですね。

私は朝鮮嫌いになってからの日はまだ浅いのですが、当初は『自民⇒統一』『民主⇒シナチョン』『公明=創価』くらいの認識だったのですが、最近の政治家の動きや上のレスを見ていると『自民⇒ミックス』『民主⇒朝鮮全般』『公明=創価』な感じですね。
中国は、何よりもその強すぎるプライドを満たすために各所を利用して覇権を狙ってるのであちこちに触手が伸びていると言った所でしょうか。
どちらにしろ反日を国是とし、騙しと盗みによる安易な手法によってここまで来たハッタリ国家です。
謀略への瞬発力は外交の一環として見習った方が良いと思う事は多々ありますが、それでもやっぱりこっちにこないで欲しいです。

テレビを見ていればゴミが民主よりである事は明白ですし、メディアも生き残りに向けて必死なのでしょう。
民主政権になれば、我々の血税が朝鮮半島や中国の反映の為に使われ、技術者は拉致し放題、技術情報は盗み放題で骨までしゃぶりつくされると思います。
本来のメディアはその事に対しての警鐘を鳴らす事も大事な仕事ですが、奴らの頑張る方向は明らかに日本海を越えてますよ。

nikaidou.comでは、おとぽっぽが政権から居なくなって、麻生さんは悔やんでいるみたいとの事ですが、中川(酒)氏をはじめとしてモノ申せる人が現政権から居なくなってきているのは辛い事だと思います。
総理としては、Aの件に関しての強気の行動もおとぽっぽに期待していたのかもしれませんね。

そういえば、兄ポッポの不正献金問題を報じているのは朝日新聞ですが、ここら辺の「何故アカヒ?」と言う疑問は、その辺りの件に関して様子伺いと考えると合点がいきます。
しかしながら、『覆水盆に返らず』。
TVアカヒには”普通の国”日本の為に人身御供となって貰い、韓国で勲章を貰っているD通に対しての地雷になって頂きたいと思います。

私としては、中抜きによる資金繰りをやめ、コンテンツ製作者に対して企業が直接資金を提供できるモデル作りが理想的ではないかと考えています。
そこにもやはり縁故と言う慣習は生まれるかも知れませんが、仲介業者を通さないと仕事がもらえないと言うのよりは、ずっと日本的だと思います。
昔NHKBSでやっていた「カードキャプチャーさくら」は大変な人気でしたが、あの時視聴者の反応は制作会社への賞賛の他に「NHKやるじゃん」がありました。
そういうイメージアップはありだと思うんですよね。
例えば、Webコンテンツとして配信する事にして中抜きを取り払い制作させた場合、制作会社に払うお金は2000万程度で済むかもしれません。
スポンサーが云億円を払っても、D通への宣伝広告料で大半が消えてしまい製作者にはロクなお金が入ってこないなら、直接払ってあげた方が良いに決まっていると思うのですが。。。


おっと、今回も話がずれましたw


兎に角、一刻も早い地雷の炸裂と真っ当な報道機関の誕生を心待ちにしているのは何も日本人だけではないと思います。
日本は早く健全な普通の国家に戻り、脱亜論の精神のもとに自由と繁栄の弧を実現させるべきです。


自由と繁栄の弧 (幻冬舎文庫)自由と繁栄の弧 (幻冬舎文庫)
(2008/09)
麻生 太郎

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。